ブログタイトル

姫路市別所町 外壁のひび割れの補修方法

モルタル壁のひび割れの補修方法

姫路市家の外壁塗装 塗替え専門店

プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です

みなさん、おかげさまでありがとうございます!

モルタル壁は一昔前の住宅外壁の主流だったこともあり、ひび割れに悩まされる方が多いようです。

木造モルタル壁の場合だと新築してすぐヒビ割れが発生することもあります。

なぜ新築なのにひび割れが起きるのか?ほとんどは施工に不手際があるのが原因ですが、

そもそもこのヒビ割れには、構造上からくるヒビ割れと伸縮から来るヒビ割れがあります。

構造的な原因には地盤の沈下や基礎・軸組の変形などがあります。

ヒビ割れが続く場合にはこのケースが多く、上辺だけではなく根本的な処置が必要です。

窓やドアなど開口部の四隅に発生するヒビ割れなどは、モルタルの収縮によるのが多く見受けられます。

これは構造上からくるひび割れに比べればしばらくすると安定してきます。

皆さんは細かいな蜘蛛の巣のようなのヒビ割れのある壁を見たことはありませんか?

これは施工時のモルタルの調合不足・モルタルの塗り厚不足・下地板の反り・釘打ちの不足等が考えられます。

また、道路沿いなどでは、車が通るたびの振動でヒビ割れが発生することもあります。

当然ヒビ割れは放っておいて良いものではありません。

たかがヒビ割れですが、ヒビ割れを放置するとそこから雨水が浸入しますし下地板などを腐らせモルタルの落下

内部への雨漏りにつながります。

その処理方法としてはプライマー処理後コーキングをすり込む手法が挙げられます。

コーキングはホームセンターでも簡単に手に入れられますし、皆さんにも馴染みのあるものでしょう。

ヒビ割れを埋めるために汚れにくい変成シリコンやウレタンコーキングを使用します。

いずれの場合も接着性をよくするためプライマーを用います。

少し専門的な話になりますが、コーキングには通常可塑剤と呼ばれるものが含まれています。

この可塑剤が塗膜を変質させ、汚染や変色を引き起こすことがあるため、可塑剤を含まないコーキングを使用することもあります。

今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!

姫路市 雨漏り「カビの発生に伴う被害」塗替え専門店プロタイムズ姫路東店

雨漏り「カビ発生に伴う被害」

姫路市家の外壁塗装 塗替え専門店

プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です

みなさん、おかげさまでありがとうございます!
梅雨ということで前回から雨漏りについて詳しく説明させていただいておりますが、雨漏りによる二次被害で最も多いのはやはりこのカビでしょう。

まずカビは普段から私たちの周りの空気中に浮遊しています。

こうやって空中に浮遊しているうちに色々なものに付着して、適度な温度や栄養分、水分や酸素といった条件が整うと出芽して成長をはじめます。

カビが発生しやすい場所には条件があり、15~35℃の室温、カビの栄養分となる埃やチリ、水分や十分な酸素がある場所です。

といってもこのような場所は、マンションや住宅の中の部屋にはどこでもあり、カビが発生した場合には、普通は表面的な掃除や防カビを施す程度でしょう。

特に寝室やリビングなどの壁や天井はカビが頻繁に発生したり、悪臭が漂う際には雨漏りもチェックしてください。

次にトイレやキッチン、お風呂など湿度の高い場所にカビが発生しても、カビが発生しやすい場所だからしょうがない、、

、とつい表面的な掃除だけで過ごしてしまいがちです。

しかし本来の湿度の高さだけではなく、雨漏りによって湿度が上昇しカビが発生しやすい条件を作り出している場合もあります。

また、雨漏りによる雨水がこれらの場所の壁の中に侵入していることがあり、壁の中にカビが発生しても目視で確認できませんので注意してください。

雨漏りによる二次被害であるこのカビですが、さらにカビが発生することで三次被害にもつながります。

例えば、壁の中に埋め込まれている断熱材や石膏ボードなどの建設資材がカビによって悪臭を発生させるといったものですね。

さらにカビは悪臭を発するばかりではなく、アトピーや呼吸器疾患などの深刻な健康被害を引き起こします。

場合によっては健康に重大な影響を及ぼしかねないアレルギー症状につながる危険性もあります。

また、雨漏りによってシロアリの被害にも繋がることを覚えておいてください。

シロアリは湿気(水分)を含んだ木材が大好物なんです。

シロアリ被害は建物の強度を著しく低下させてしまいます。

こう言った健康被害や建物の強度低下を発生させないためにも雨漏り対策が必要なんですね。

兎にも角にも、外壁や屋根から雨水を建物内に侵入させないことが最も重要な事ですね。

外壁や屋根の塗装メンテナンスは大事です。
今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!

雨漏り カビの発生 姫路市別所町

雨漏り「カビ発生のメカニズムと危険性とは?」

姫路市家の外壁塗装 塗替え専門店

プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です

みなさん、おかげさまでありがとうございます!
梅雨ということで前回から雨漏りについて詳しく説明させていただいておりますが、雨漏りによる二次被害で最も多いのはやはりこのカビでしょう。

まずカビは普段から私たちの周りの空気中に浮遊しています。

こうやって空中に浮遊しているうちに色々なものに付着して、適度な温度や栄養分、水分や酸素といった条件が整うと出芽して成長をはじめます。

カビが発生しやすい場所には条件があり、15~35℃の室温、カビの栄養分となる埃やチリ、水分や十分な酸素がある場所です。

といってもこのような場所は、マンションや住宅の中の部屋にはどこでもあり、カビが発生した場合には、普通は表面的な掃除や防カビを施す程度でしょう。

特に寝室やリビングなどの壁や天井はカビが頻繁に発生したり、悪臭が漂う際には雨漏りもチェックしてください。

次にトイレやキッチン、お風呂など湿度の高い場所にカビが発生しても、カビが発生しやすい場所だからしょうがない、、

、とつい表面的な掃除だけで過ごしてしまいがちです。

しかし本来の湿度の高さだけではなく、雨漏りによって湿度が上昇しカビが発生しやすい条件を作り出している場合もあります。

また、雨漏りによる雨水がこれらの場所の壁の中に侵入していることがあり、壁の中にカビが発生しても目視で確認できませんので注意してください。

雨漏りによる二次被害であるこのカビですが、さらにカビが発生することで三次被害にもつながります。

例えば、壁の中に埋め込まれている断熱材や石膏ボードなどの建設資材がカビによって悪臭を発生させるといったものですね。

さらにカビは悪臭を発するばかりではなく、アトピーや呼吸器疾患などの深刻な健康被害を引き起こします。

場合によっては健康に重大な影響を及ぼしかねないアレルギー症状につながる危険性もあります。

また、雨漏りによってシロアリの被害にも繋がることを覚えておいてください。

シロアリは湿気(水分)を含んだ木材が大好物なんです。

シロアリ被害は建物の強度を著しく低下させてしまいます。

こう言った健康被害や建物の強度低下を発生させないためにも雨漏り対策が必要なんですね。
今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!

1 / 6712345...102030...最後 »
最近のコメント

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織