ブログタイトル

姫路市 外壁塗装 プロタイムズ 遮熱系塗料とは?メリットや価格について

姫路市 家の外壁塗装 塗替え専門店

プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です

みなさん、おかげさまでありがとうございます!
遮熱系塗料が、ここ最近注目されています。

特に夏場の季節は暖房代もかさみますし、特殊な寒冷地でなくとも節電という点からみても効果的な塗料です。

塗装工事の際に選択肢の一つとして考えている方も多いでしょう。そこで今日は遮熱系塗料の仕組みとその効果についてお話ししていきましょう!

夏場には日光が建物に当たることにより、表面温度が上昇し結果として室内温度も高まります。

ここに屋根に遮熱系塗料を塗っていると、表面温度を通常より15~20度ほど低減することができ、室内の温度上昇を抑制することが出来、その結果冷房費の削減につながるというのが各種塗料メーカーの説明です。

この屋根の表面温度が20度低減するという内容に関しては、証実験も十分になされていますから心配はありませんが、注意しておきたいのは最近の住宅の場合には遮熱工法が全体に施されており、屋根・天井からの伝熱は一定程度低減できているということです。

つまり、遮熱系塗料を使おうと、使わまいと外気の室内の影響はさほどないということです。屋根の温度が20度低減しても室内にはあまり伝わらないのです。

遮熱系塗料が最も効果を発揮するのが、工場や体育館など、室内空間が広く熱の伝わりやすい構造となった建物です。

屋根の面積が住宅と比べると大きく、その分熱が伝わりやすくなっているものです。

こうした建物であれば、屋根遮熱構造に加えて、遮熱系塗料を屋根に施すことでさらなる遮熱効果が見込めるということですね。

一方で、住宅の場合だと建物のグレードが高いものほど、遮熱系塗料は特に効果を発揮するものでもないという考え方もひとつにあります。

遮熱系塗料は一般の塗料材よりも割高になってしまうのが現状です。

勿論予算的に余裕が有るのなら、無いより有るにこしたことはないですし、建物を構成する要素は多岐に渡りますから、一口にこう言った建物には遮熱系塗料は必要である、必要ではないとは言い難いものです。

遮熱系塗料を選ぶことによって上乗せになる予算を他の塗料材のグレードアップ等に利用して耐久性を高めたりなど,有効な手段が他にもあるということは理解されていたほうが良いかもしれません。

もうひとつ言える事は、遮熱塗料で屋根や外壁の塗替えを勧める理由としては、メカニズム的には太陽光(熱線)等を表面で反射させるのが遮熱塗料の特徴です。

つまり、屋根や外壁を劣化させる大きな要因である熱線を反射させるので、通常の塗料に比べ耐用年数が長くなることは言えます。

遮熱塗料で塗替えをしても毎月の光熱費が大幅にダウンするということは正直ありえません。

昨今は様々な遮熱塗料や反射塗料があります。

塗替えの時期が来ている方はプロにご相談されてみてはどうでしょうか?
今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!

最近のコメント

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織